1%フォー・アートとは

「1%フォー・アート」とは公共建築の建設費の1%を、その建築物に関連・付随する芸術・アートのために支出しようという考えです。欧米では戦後早い時期に、公共建築の建設費の1%をその建物に関連・付随する芸術やアートに割く法律が成立しました。国や自治体によって1%未満だったり、1%以上だったりまちまちですが、象徴的意味を込めて「1%フォー・アート」と呼ばれてきました。またその建物に関連・付随する芸術も、アメリカのように狭いアートに限定せず、演劇、ダンスなどのパフォーマンスも対象となっている国もあります。この「1%フォー・アート」は欧米各国で文化振興の大きな力になっており、近年はアジアにも広がり、韓国、台湾で法制化されています。

「1%フォー・アート」の法制化を

 

滝 久雄 TAKI Hisao

公益財団法人 日本交通文化協会 理事長

賛同者

 

松浦晃一郎

● 国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)

第8代事務局長

 

加藤 尚武

● 京都大学名誉教授・哲学者

 

石田 義雄

● 東日本旅客鉄道株式会社 監査役

 

隈 研吾

● 東京大学大学院教授・建築家

 

堀 文子

● 日本画家

1%フォー・アートの法制化に

ご賛同いただいた

皆様をご紹介いたします

「1%フォー・アート」を日本に

五十嵐  威暢

IGARASHI Takenobu

協会がかかわった

パブリックアートの最新情報は

こちらからご覧いただけます